新入部員募集

サッカーに興味のある小学生、幼稚園児の皆さん、ぜひ練習を見に来て、体験してください!
園児・1・2年生はSLクラス、3・4年生はLLクラス、5・6年生はLクラスに分かれています。男の子でも女の子でも大歓迎です!
お子様の成長を身近で感じたい保護者の方、是非、一度遊びに来てください!

サッカー経験がなくても心配ご無用、一人ひとりの実力にあわせて、基礎の基礎から指導していきます。

体験に来る場合には、汗をかきますので水筒をお持ちください。練習中には定期的に給水の時間をとっています。
サッカーボール(4号球)、サッカーシューズ、シンガード(すねあて)があればお持ちください。もちろん、最初はなくてもOK!

自治会の方々やお店のオーナー様にご協力いただき、部員募集ポスターを各所に掲示しています。探してみてください。⇒ ポスターを見てみる

スクールとの違いは?
当クラブはボランティア団体ですから、お金を払って子供を預けるのではなく、保護者の皆様が運営にご協力して頂くことで成り立っています。積極的にかかわって頂き、同年代の子供を持つ親同士の交流を深める場としても活用して頂けたらと思います。
また何と言ってもサッカー協会登録チームですので、スクールの練習メニューだけでは味わえない、他のクラブチームとの真剣勝負を経験することができます。勝負事ですから勝って喜ぶこともあれば、負けて悔し泣きすることもありますし、起用してもらえずに歯痒い思いをすることだってあります。このような経験を通して、子供たちは力強く成長していきます。

練習への体験参加お申込み

サッカーに興味のある小学生・幼稚園児の皆さん、ぜひ練習を見に来て、体験してください!
お子様の成長を身近で感じたい保護者の方、ぜひ一度遊びに来てください!

見学だけでも大歓迎ですが、練習に体験参加される場合には、月間予定表からお子様の年代の練習日をご確認いただき、参加希望日をお知らせください。

下記の連絡事項もお読みください。

  • 運動のできる服装でお越しください。汗をかきますので水筒やタオルも持たせてください。
  • サッカー用のシューズ、サッカーボール(公認 4号級)、シンガード(すねあて)は必須ではありませんが、もしあればお持ちください。
  • 体験の方はスポーツ障害保険に入っていないので、万が一怪我をされても保険での対応はできません。
  • 練習の体験は納得するまで何回でもOKですが、希望する参加日はその都度 監督・コーチにお伝えください。
  • 急に決まったりして、月間予定表に記載のない試合に行くこともあります。事前のご確認をお願いします。

連絡はメールにてお願いします。⇒ 体験希望メールを書く

ボタンを押してもメールソフトがうまく起動しないときは、以下の内容をご記入のうえ、mail@arinkonet.com までメールを送ってください。

入部のご案内

入部をご検討いただき、ありがとうございます!

申し込みに際しては、下記の連絡事項もお読みください。

  • 入部のお手続きには「洋光台サッカークラブ入会申込書」の提出が必要になります。用紙は事務局・副代表・学年さんが持っているので、練習会場などでお受け取りください。
  • 入部が済むとサッカー協会に「選手登録」します。他クラブですでに選手登録されていた場合には、原則として移籍して頂くことになりますので、所属クラブのスタッフの方と事前によくご相談ください。
  • サッカーに必要な用具をご用意いただく必要がありますが、低学年の試合用シャツ(ユニフォーム上着)はレンタルも可能です。試合用シャツを作る場合には、学年さんに空いている背番号を教えてもらってください。
  • 部費 2500円/月とスポーツ保険料 800円/年のほかに、学年費・交通費などのご負担をお願いすることがあります。また夏季合宿などのイベントにご参加いただく場合は、選手・ご父兄様・指導者それぞれにて実費をご負担願います。
  • お当番として2~3か月に1回程度、練習で使用した学校のトイレ掃除だけ(当番表は月間予定表に記載)をお願いしています。当クラブは指導者や保護者がボランティアとして運営しています。円滑なクラブ運営には保護者様の協力が不可欠です。積極的に関わって頂けますよう、お願い申しあげます。

サッカー用具について

公園で楽しむ程度であればサッカーには殆どお金がかかりませんが、競技として参加しようとすると、きちんとした用具を揃えることになりますので、それなりの準備が必要です。

練習着について
運動ができる服装なら基本的になんでもOKですが、シンガード(すね当て)が入るように膝下まであるハイソックスは必須です。スポーツ用品店には大抵サッカーのコーナーがあるので、あまり迷うことはないと思います。冬場の練習着にはジッパーがなくてすっぽりかぶれる、ピステと呼ばれる上着を着ます。普通のジャージだとジッパーにボールが当たって怪我をすることもあります。ソックスはすぐに破れてしまうので、特に拘りがなければノーブランドで十分です。
冬場の練習場所への移動時などは普通のジャンバーでも大丈夫ですが、汚れてしまうのでベンチコートを準備したほうが良いかもしれません。

ボールについて
日本サッカー協会(JFA)検定球マークの入った4号球を買ってください。同じ4号球にもフットサル用(弾まないボール)があるので気をつけてください。練習で使うサッカーボールは手縫いの方がおすすめですが、最近は縫い目のないアセンテックボールを使う子も増えています。アセンテックボールの方が蹴ったときにやわらかい感じがするようです。
すでに検定でない4号球を持っている場合には、急いで買い換えて頂く必要はありません。公式戦では使えない、というだけです。

トレシュー?スパイク?
シューズには大きく分けて底が黒いゴムのトレーニングシューズ(トレシュー)、プラスチック製のスタッドがついているスパイク、茶色いゴム底のフットサルシューズ(体育館シューズ)があります。
ありんこは学校の校庭や天然芝のグラウンドなどを使うので、トレシューまたはスパイクを履くことになりますが、サッカーが初めてであればトレシューを買ってください。遠征先によってはスパイク禁止のグラウンドもありますので、スパイクを履くようになってもトレシューは必要です。瞬足のような運動靴にもサッカーモデルがあって、使えないこともないですが、壊れやすかったり底がすぐに擦り減ったりします。

ユニフォームについて
試合用のユニフォームは対戦チームと同色にならないように青と白の2色があります。これはサッカー協会で定められています。またLクラス(5・6年生)には公式戦・カップ戦で着用するユニフォーム(紺と赤)を貸し出しています。ゴールキーパー用のパッド入りユニフォームもクラブから貸し出しています。
青と白のユニフォームは個人購入となりますが、貸し出し用の予備が数着ありますので、最初から揃える必要はありません。ただし、試合用のソックス・パンツ・アンダーシャツ(寒い時用)は、ご購入をお願いしています。ユニフォームを作るときは背番号を入れますので、空いている番号を学年さんから聞いてください。

その他の用具
持っていないと試合に出られない用具としてシンガード(すね当て)があります。子供の足に合っていれば何でもいいでしょう。
水筒は夏場になると1リットルでは足りなくなります。遠征先などで水道の水が飲めないこともありますので、夏場は大きいスポーツジャグを持たせたり、ペットボトルでもう1本、など各ご家庭で工夫してください。
会場の往復で使うバッグには、ボール、シューズ、水筒、着替えなどサッカー用具一式が入る、大きめのリュックがいいです。

親のための10の心得

  1. 試合や練習を見に行ってあげましょう。
    ⇒子供はそれを望んでいます。
  2. 試合では、すべての子供を応援してあげましょう。
    ⇒自分の子供だけではいけません
  3. 調子の良い時だけではなく調子の悪い時も勇気づけてあげましょう。
    ⇒批判してはいけません。
  4. チームリーダーを尊重してあげましょう。
    ⇒彼らの判断に圧力をかけないようにしましょう。
  5. レフリーはインストラクターとみなししょう。
    ⇒レフリーを批判してはいけません。
  6. 子供が参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう。
    ⇒プレッシャーにならないように。
  7. 試合がエキサイティングだったか、楽しかったか、聴いてあげましょう。
    ⇒結果だけを聴くことのないように。
  8. サッカーにふさわしい、節度のある用具を準備してあげてください。
    ⇒大げさになってはいけません。
  9. クラブの仕事を尊重してください。
    ⇒積極的にミーティングを持ち、どのような態度で臨むべきかを話し合いましょう。
  10. 忘れないでください。サッカーをするのはあなたの子供です。
    ⇒あなたではありません。
※出典)ノルウェーサッカー協会のスローガン

お問い合わせ

試合のお申込み・練習への体験参加・見学、及びこのサイトに関するご意見・ご要望がございましたら、当クラブ代表までお気軽に メール にてご連絡ください。

先頭に戻る

© 2009 YOKODAI SOCCER CLUB.